忍者ブログ

ミルトカリクの巣穴【MHF】

 モンスターハンター フロンティアのプレイ記録

自己紹介

MHFブログに模様替え。
旧記事は移転先へ。
他のモンハン記事はココ!


旧3鯖民。F1からはじめました。
HN:かける
主キャラ:Milutkalik
副キャラ:Upapil'
(別アカウント扱い)
所属猟団:Gulden-Draak


団員さんには「ミルト」で通ってます。ブログ内ではお好きな呼び方で。



モンハン歴
 P2→P2G→P1
 無印・Gをオフ全クリ
 4にも着手しました

祭ポイント計算機

総入魂:

自入魂:

団員数:

団長 ボーナス

勝ち 上位300位以内

  

祭P獲得量:

カンストまで:

絆P獲得量:

第131回は祭P2倍!(公式)
新仕様に対応済み。
※詳しくはこちら

ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
最新記事
RSS
アーカイブ
お買い物
11年記念キット
Amazonにて予約開始!
リンク

最新!ラスタ構築論(2018年7月版)

現行のシステムや環境を考慮して、理想的なラスタについて解説する。
あくまでもスタンダードな虚無ラスタ、かつメイン契約用であることを前提とする。

上のほうに表示するため、日付は未来にしている。実際の更新日は2018/07/10。


その1.スキルについて

まず、最低限の必須スキルと思われるのは以下の5スキルだと思われる。

豪放+3
いたわり+1

説明不要の必須スキル。これらを抜くのはあらゆるケースであり得ない。

怪奇

これも必須。劇物取扱皆伝と状態異常攻撃強化、あとついでに状態異常追撃。
G級・怪護珠の実装以降、発動難度の面でも枠数の面でもこちらを選ばない理由はなくなったと思う。

激励+2

激励を辿異スキルで強化した上で自力発動するケースも増えてきたが、やはり汎用なら入れるべきだろう。

状態異常無効【多種】

ポイント的にかなり重いので目的次第ではランクダウンもあり得る。
しかし汎用ラスタであれば是非とも発動させておくべきである。

--

以下の2スキルは回復系。ハンター保護はもとより、NPC全体の持続性にも大きく関わる。
基本的には2種類からの選択となる。
無駄は多いが、両立させることで様々な状況に対処するという構築もあり得る。

薬仙人
広域化+3

薬仙人は他のラスタやパートナーと併用する場合。広域化は単独で運用する場合。
ハンター及びNPCの火事場スキルが広域回復に影響しなくなったので、従来のようにW薬仙人に頼る必要はなくなった。
一方で3人以上いるなら薬仙人の回復量UPが有効だし、広域化のように優先度が低くないので押し出されない。
それぞれ一長一短があるので使い分けたいところである。

--

必須ではないが優先度が高い、枠数に余裕が無いのでもなければ入れておきたい準必須スキル。

支援

並の状態異常無効では意味が無い辿異種の存在や、激励強化という選択肢により相対的な魅力が落ちている。
それでも細かい部分で役に立つ事例は多いので、よほどのことが無い限り抜くべきではない。

--

以下はオプション的スキル。効果は高いが発動が難しかったり、場合によっては無意味だったりする。

紅焔の威光

NPC火事場の仕様変更によって使いやすくなったスキル。さらに倍率強化は+30になった。
赤魂を発動させるくらいならこちらのほうがいい。耐性上昇もうれしい。
普通は+1で十分だが、+2にするのはさほど難しくないだろう。

青魂

赤魂同様のてこ入れがなされ、防御UPは+100になってパワーアップ。
これを入れるならぜひ上記と併用して「紫喝」を狙いたい。
ハンター自身も紫喝を発動させやすくなったので共鳴も期待できる。

女神の抱擁

本来なら準必須スキルなのだが、喝共鳴で得られるケースも増えると思われるのでこの位置に。
無論、青魂を入れないのならこちらを入れるべきである。

剣術+2

手数増加、あるいは喝を入れる場合の被弾機会増加。
覇種防具についていることが多いので発動しやすいのも強み。

磐石の構え

あらゆるアイテム使用にハイパーアーマーが付く。すなわち妨害されることがなくなる。
早食いや高速設置の事実上の上位互換として使える。
個人的に大好きなスキルだが2スロ使う上に、現状では喝及びそれと相性のいい剣術に劣る気がする。

腕利き

移動速度と納刀速度と食事速度を上げる。おまけで根性もつくが…ラスタで実感できることある?
これだけ効果が多いと地味ながらも有用なのだが、重さに見合うかと言われると微妙。

早食い

もしスキル枠と装飾品が余ってたら発動させてもいいかな?というレベル。
可能なら磐石の構えのほうを強く推奨。

----

その2.防具について

時にはスキル以上に、防具そのものの性質がものを言う。

覇種防具は3部位以上

ランクアップのために1部位、斬れ味アップのために2部位というのは常識。
しかし、劇物(怪奇)を入れるならもう一声欲しい。剣術を入れるなら尚のこと欲しい。
切捨ての関係上、2部位と3部位では明確な差が出るのである。詳しい検証結果はこちら

龍耐性+20以上

龍属性やられ、すなわち属性の遮断によってラスタが機能停止することを防ぐ。
ラスタにとって11個目のスキルと言っても過言ではない。
遷悠種のイビルジョー、ジンオウガ【亜種】に留まらず、最近追加された辿異種アノルパティス相手にも有効。

火耐性+20以上

龍と比べると優先度は低いが地味に厄介なやられ状態。
対象としてはウラガンキン、ヴォージャンが該当する。
防具の固有耐性で付けるというよりは、紅焔の威光によってまかなうほうが建設的。

理想的には+55にしたいところだが、現環境においては困難であり、他のスキル等を犠牲にしなければならない。
今の段階では目的に特化したネタラスタでの採用に留まる。
それでも辿異種800を相手に、レスタ達が蒸発していく中で最後まで立っているラスタは一度は見て欲しいものである。

可能な限り狩護防具を入れる
ダメージ軽減効果があるので入れたい。理想的な構成は覇種3部位と狩護2部位
だが耐性やスキルの点で選択肢は限られる。大昔のイベントや課金ものが引っかかる例も多い。
あくまでも無理の無い範囲で、最後の仕上げとして。
PR
2019.07.10 (Wed)
Category[ラスタ]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © かける(Milutkalik) All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.