忍者ブログ

ミルトカリクの巣穴【MHF】

 モンスターハンター フロンティアのプレイ記録

自己紹介

MHFブログに模様替え。
旧記事は移転先へ。
他のモンハン記事はココ!


旧3鯖民。F1からはじめました。
HN:かける
主キャラ:Milutkalik
副キャラ:Upapil'
(別アカウント扱い)
所属猟団:Gulden-Draak


団員さんには「ミルト」で通ってます。ブログ内ではお好きな呼び方で。



モンハン歴
 P2→P2G→P1
 無印・Gをオフ全クリ
 4にも着手しました

祭ポイント計算機

総入魂:

自入魂:

団員数:

団長 ボーナス

勝ち 上位300位以内

  

祭P獲得量:

カンストまで:

絆P獲得量:

第145回は証2倍!(公式)
2019/1/30アプデに対応。
※詳しくはこちら

ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
最新記事
RSS
アーカイブ
お買い物
リンク

今さら語る、MHFの改善案

前から温めていたネタ。もう終了が決まったから無意味だけど、長いこと本作を見てきたユーザーの言葉として。


近年のリファインの評価点を振り返る

なんといっても「防具をお手軽に作れるようになったこと」だろう。終了発表を機に過去の日記などを見返していたのだが、なんと2011年に始めてから2013年に覇種防具を作るまで、ほぼエクスト一式(推奨PC特典、匠とか付く)で通していたことが発覚。それだけMHFの防具づくりは大変だったのである。しかしそれでもハンターライフはほぼ切らしていなかったし、武器づくりなどで連戦したりして、それなりにMHFは楽しんでいた。

長らくお手軽な防具は課金系しか存在しなかったのだが、現在ではゲーム開始直後から1クエで作れるククボに始まり、凄腕になるともらえるコルーデ、ナビで作れるエントラ・フロガダ・ラース、そして1クエで1部位の素材がもらえる辿異防具のコリニィと、ランク別のお手軽防具がしっかり用意されている。それで物足りなければ課金に手を出せばよいのだ。

欲を言えば、現状で半端な立ち位置になってしまった遷悠防具をナビから削除して、コリニィをナビに取り入れる(1部位作れば残りの4部位の素材がもらえるとか)となお良かったのではないかと思う。

 

やりたい狩猟とは無関係な作業要素の改善

何をおいても狩人珠と秘伝書育成ミッション。存在自体は否定しない。難易度は低いが時間がかかる、しかし退屈だが恒久的なパワーアップに繋がるコンテンツは、気分転換とか惰性でゆるくプレイしたいときには必要な存在だ。問題なのは、それが必須要素になってしまうことである。

狩人珠スキル自体はあってもいいが、武器術や大討伐の支援系のように、必須クラスのスキルのために長大な作業を強要するのはよくなかった。ミッションも同様で「武器倍率の上限の開放」といった必須の要素と絡ませるべきではなかった。復帰・我慢・ダメージ軽減の保護系だけが強化されるシステムでよかっただろう。

 

不退の扱いについて

かつての秘伝スキルと比較すると、まず「不退を使わない選択肢」が事実上用意されていなかったのが問題である。秘伝の場合、精錬ができなかったころは「秘伝防具を使う」「覇種系統の防具を使う」という、大きく分けて2つの選択肢があった。G級以降は後者についてはさらにG級防具との選択、混合の割合などさらに選択肢は増える。しかし不退の場合、最初から精錬ありきであった。不退スキル自体のデメリット(根性や絶対防御無効)については、スキル調整やモンスターの即死攻撃の前では事実上無意味と化していった。

秘伝スキルが必須扱いになってからは緩和が進んだ(イベントでのばらまき、デイリークエの実装、最終的にはハンターライフで配布)が、不退のほうはそのような緩和が行われなかった。せいぜいポイント交換に対応したくらいだが、必要数に対してのコストパフォーマンスは非常に悪く、あくまで一部の素材が不足した場合のボトルネックを補う扱いである。また、秘伝のほうはどんなクエストでも素材が手に入るのに対し、ラヴィ素材は大討伐でしか手に入らないままだった。せめてデイリークエがあっても良かったのではないか(例えば「支援のお手伝い」という名目で小型モンスターを狩るとか)。

秘伝のほうが段階的に緩和されたように、もしかしたらMHFがあと何年か続いていれば実現したのだろうか。個人的には緩和の前段階として、過去の「秘伝防具への扉」のように、各条件(ラヴィもあるがそれ以外もある)をクリアするごとに素材がどっさり手に入るようなイベントを期待していたのだが。もっとも今後、サービス終了までには何か行われる可能性が残ってはいる。

 

狩人祭と歌姫狩衛戦

ともにモンスターを狩ってポイントを貯めるイベント。それ自体は悪くないと思う。ただ、やるからには足並みをそろえた完全ローテーション制にしてほしかったと思う。例えばこんなふうに。

1週目:登録祭 戦歌の章
2週目:入魂祭 歌迎の章
3週目:褒章祭 祈祷の章

上記の場合、いずれの週でもポイントが入るようになる(1番目の場合は迎撃戦のみだが)。

ところで、昔から思っていたのだが狩人祭の捕獲と討伐の指定は何の意味があるの?そもそも捕獲指定というのは嫌がらせ以外の何物でもない(捕獲で有利になるような仕様や報酬設定があるならともかく、それとは無関係なモンスターばかりである)。昔はHCモードのあるモンスターは捕獲指定にならないような配慮もあったのだが、近年はそれすら無くなってしまった。

 

素材の統廃合

必要以上に分割されていた素材は統合してよかった。ユーザビリティも良くなるしサーバー負荷も多少は軽減される。具体的には、例えば変種素材のランクを統合。「鳥竜種の皮/上皮/特上皮」をひとまとめに「鳥竜種の皮」にしてしまう。今さら3段階残しておく必要は無いだろう(そもそも非G級の素材は下位と上位を統合してもいいくらい)。他にも狩人祭関係などの生産素材も統合してしまって良い。祈歌武器も、最新のもの以外は「祈りの小石」10個で直接生産できる(過去の「祈○石」は小石に還元する)ようにすればいい。

他にも、用途の無くなった過去のイベクエ素材とかも自動売却とかしてくれてよかったのにな。もっとも、これはこれで記念に持ち続けている人もいるだろうから異論はありそう(ゲーム開始直後に、まさか99個も必要とは思わずにリバーシストーンを集めようとしていたことを思い出した)。
PR
2019.06.21 (Fri)
Category[MHFプレイ記]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © かける(Milutkalik) All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.