忍者ブログ

ミルトカリクの巣穴【MHF】

 モンスターハンター フロンティアのプレイ記録

自己紹介

MHFブログに模様替え。
旧記事は移転先へ。
他のモンハン記事はココ!


旧3鯖民。F1からはじめました。
HN:かける
主キャラ:Milutkalik
副キャラ:Upapil'
(別アカウント扱い)
所属猟団:Gulden-Draak


団員さんには「ミルト」で通ってます。ブログ内ではお好きな呼び方で。



モンハン歴
 P2→P2G→P1
 無印・Gをオフ全クリ
 4にも着手しました

祭ポイント計算機

総入魂:

自入魂:

団員数:

団長 ボーナス

勝ち 上位300位以内

  

祭P獲得量:

カンストまで:

絆P獲得量:

ご利用ありがとうございました。
2019/1/30アプデに対応。
※詳しくはこちら

ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
最新コメント
[12/05 かける]
[12/02 spector(スペクター)]
最新記事
RSS
アーカイブ
お買い物
MHF追憶におすすめの本
リンク

モノクロキノコのレア度修正について(追記)

個人的には困らないのだが、運営についての強い不信感を感じたので記事にする。




2019年3月13日の更新において、モノクロキノコをはじめとする一部の食材のレア度が変更された。より具体的には、レア度が3から4になったことで受け渡しが不可能になってしまった。

折しもシジル関係のバグが発生しており、こちらもバグではないかと疑われたが、後に不具合報告において「一部のアイテムにおいて、レア度が正しく設定されていない不具合が発生しておりました。(2019/3/13)」の項目が追加された。

この件で注目すべきは、不具合報告の更新時点では上記の項目は存在しなかったことである。13日の夜頃に追加された(比較したスクリーンショットをびゅわ速報さんが記録している)。

とはいえ、実際にこれで困ることはあまり無いと思われる。猟団ポイントの大幅な緩和により、猟団冒険ネコは従来と比較して大幅に利用しやすくなっており、各種食材の入手は容易になった。歌姫狩衛戦の報酬としてもコンスタントに手に入るようになった。個人的には過去のイベントで大量備蓄しているのでなおさら困ることはない。

しかし、かつては(GGアプデからなので、5年近くもの間)可能だったことを"無告知で"不可能化したのは、オンラインゲームの運営としてはかなり問題のある態度である。ユーザーに対して不利な仕様変更を"突然"行うような運営を信用できるだろうか。今回は些細なことであるかも知れないが、将来的な信頼関係にひびを入れかねない、極めて不誠実な行為だと言える。

過去の例で言えば、友情スキルの廃止絶対防御態勢の調整など、多くのユーザーが長期間利用していた要素に下方修正を加える変更は、運営レポートなどで事前に説明しつつ理解を求めていた。それならば不満はあろうが納得はできる。しかし今回はそれすらもなかった。

看過できないと思ったので、珍しく要望フォームから意見を送った。まあ対応についてはあまり期待していないのだが、(半休止状態とはいえ)ひとりのユーザーとしてしっかり声を上げておきたかった。

以下がその全文(見やすくするため段落分けをした)。同様のご意見を送る場合は参考に。

--ここから--
お問い合わせの分野:バランス調整について

モノクロキノコをはじめとする、いくつかの猟団料理用のレア度が3から4に変更されました。不具合修正とのことですが、これにより他のプレイヤーとのやりとりが不可能になってしまいました。

今までは可能だったことを、不具合修正の名目で無告知で不可能にするのは、ユーザーに対する態度としてあまりにも不誠実ではないでしょうか。一時的な不具合ならまだしも、猟団料理が実装されたのはGGアップデートであり、5年近くも受け渡しは可能な状態でした。

この件については、全ユーザーに対する説明、または従来どおりの仕様への差し戻しを求めます。

--ここまで--

「猟団料理用食材」とすべきところを「猟団料理用」で送ってしまったことに後から気づいた。冒頭でモノクロキノコを出しているから誤解を招くことはないだろうが。

(3月20日追記)

運営レポートにてこの件への回答があった。直接の要因としてはユーザー側のDUPE操作にあるようだ。個人的には、そもそもDUPEができるようなシステムに問題があるような気がする。この手のアイテムは「猟団ボックスでの出し入れは可能だが、直接の受け渡しは不可能」という扱いにすることはシステム的に困難なのだろうか。
PR
2019.03.14 (Thu)
Category[MHFプレイ記]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © かける(Milutkalik) All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.