忍者ブログ

ミルトカリクの巣穴【MHF】

 モンスターハンター フロンティアのプレイ記録

自己紹介

MHFブログに模様替え。
旧記事は移転先へ。
他のモンハン記事はココ!


旧3鯖民。F1からはじめました。
HN:かける
主キャラ:Milutkalik
副キャラ:Upapil'
(別アカウント扱い)
所属猟団:Gulden-Draak


団員さんには「ミルト」で通ってます。ブログ内ではお好きな呼び方で。



モンハン歴
 P2→P2G→P1
 無印・Gをオフ全クリ
 4にも着手しました

祭ポイント計算機

総入魂:

自入魂:

団員数:

団長 ボーナス

勝ち 上位300位以内

  

祭P獲得量:

カンストまで:

絆P獲得量:

第122回は証2倍!(公式)
新仕様に対応済み。
※詳しくはこちら

ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新記事
RSS
アーカイブ
お買い物
MHFの歴史を振り返ろう
リンク
ランキング

WiiU版のススメ

WiiU版と360版の終了と統合の見通しが正式に決まった記念。
覚え書も兼ねてW1鯖のことについて。



 

導入にあたって

WiiUでMHFをするために最低限必要なものは以下の通り。

・WiiU本体
・WiiUゲームパッド
・接続用ケーブル(標準で同梱するのはHDMIケーブル)
・電源アダプタ

もちろん対応するテレビ(モニター)やネット接続環境も必要だが、WiiUとして販売されている商品の中で最低限必要なのは以上の4点。
ただし容量的にはベーシック(8GB)単体ではインストール不可能で外部ストレージが必要らしい。

センサーバーやWiiリモコンは、WiiUのゲームのみで遊ぶ限りは必要ない。
中古で買う場合はペアレンタルコントロールがかかっている場合もあるので注意(任天堂に問い合わせれば解除してくれるらしいが未確認)。

これを書いている現在、Amazonの中古で最低限揃ったものは1万円程度が相場の模様(→参考)。
極端に安いものは本体のみの販売なので要確認。

本体の初期設定や更新、MHFのインストールなど、起動できるようになるまでに自分の場合はトータルで2時間ほどかかった。
本体更新は思ったよりも早かったが、MHFのインストールに意外と時間がかかった覚えがある。
初回起動時にCOGとの連携が強制される。既にPCやPS系でプレイしているのならスムーズに終わるはずだ。

 

WiiU版MHFの特徴

一度アカウントを連携させてしまえば、以降はPCからでも起動できる。
むしろハンターライフコースが統合まで無料開放されているので、PCがあるなら利用しない手はない。
2月からスタートしても6ヶ月分のハンターライフコースが無料でついてくるのだ(ただしHLリワードはもらえない)。

同じアカウントでも、サーバーが違えば別のアカウントのように振る舞う。
例えば復帰状態についても別鯖のキャラは反映されないし、「アカウントごとに1回のみ」の特典もそれぞれで受け取れる。
課金コースの効果や、きんぴか小判(おためし小判)の管理もそれぞれ別扱い。
ネットカフェの累積ログイン特典もPCとは別枠である(仮に同じだった場合は二重取りが出来てしまう)。
細かいところでは、猟団のおすそわけボックスや歌迎の調べ(♪マーク)も別管理で、それぞれで報酬を受け取れる。

一方、なぜかカプリンク情報のみは共有される。例えばカプトロフィー既にPC等から受け取っていた場合はWiiUからは受け取れない
このため、既に受け取り済みのアカウントで始めた場合はやや不利なスタートとなってしまうことに注意。
一方でカプコインも共有されるので、あらかじめ溜めておけばマイトレP券などを早期入手してちょっと有利になれる。

 

各コンテンツのプレイ状況

同時接続は平日夜だと200人を切る過疎状態。ただ週末やメンテ明けはそれなりに募集が飛び交っている。
剛閃8秘伝だの、狩煉道行けるところまでだの、ラヴィ支援先行だの、募集文自体は1鯖と大差ない。

少し変わった文化として、クエスト帰還後に青チャットで「お疲れ様でした」を流すというのがある。
1鯖でも連戦明けには見られるが、単発クエでもされることが多い(必ずではないが)。
一般的なチャット自体は(少なくとも不特定範囲に対してはあまり見ない)。そもそもキーボードがなくて定型文以外は入れにくいという人も多そうである。

一方で猟団の数はそれなりに多い。公式で第119回の詳細を見る限り、参加猟団だけでも164団ある。
維持のために最低2人はいることを考えると、どう少なく見積もっても300人はいることになる。
定員ぎりぎりのマンモス猟団も複数確認している(もっとも最終ログインから時間が経っている人もいるだろうけど)。

前回の狩衛戦では、歌玉の個人ランキングが100位まで50000以上だった。
なお僕は18000くらいで244位であり、アクティブ人数の割にはプレイヤーがいるものだと感じた。

しかしW1鯖の現状を最もわかりやすく示しているのは、なんといっても公式狩猟大会だろう。
魚を釣るだけの巨大魚杯ですら定員割れ、韋駄天杯はクリアできればソードどころか金ソード(つまり誰もクリアできなかった)という部門すらちらほら見られる。
特に前回のミドガロンは、全体では片手剣が多かったとのことだがW1鯖では誰一人としてクリアできなかった

よって、にわか仕込みでも銀や銅くらいなら簡単にとれる(ただし巨大魚のほうは、人は少なくても上位プレイヤーの壁が意外と厚い)。
統合された場合に1鯖用のキャラとアイテムを共有できるのかわからない
(実際「WiiU版出身者限定ワールド」を用意することが名言されているので、キャラ別の出自管理は可能)ので、
1鯖メインの人がこれを目当てに頑張るかどうかは微妙。
もっとも猟団ポイントを稼ぐにはうってつけの場ともいえるし、レアアイテムを持てるだけでもうれしいという気持ちも理解できる。

 

おまけ:人口調査

2018年2月1日(木) 23:00

入門区:14 (ビギニング:14 ファースト:0 ルーキー:0)
自由区:141(フレッシュ:107 ストロング※PC専用:4 フィアレス:13 シリアス:17)
交流区:6 (ワールドはカインドのみ)
求人区:2 (ワールドはグレイスのみ)
復帰区:5 (ワールドはグロウのみ)

総計:168

注:WiiU専用ワールドがあるかも知れないが確認不能
PR
2018.02.01 (Thu)
Category[MHF豆知識]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © かける(Milutkalik) All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.